不動産相続

家|誰が相続人になる?相続分はどのくらい?

家|誰が相続人なるの?相続分はどのくらい?

家族などが亡くなり相続が起きたとき、誰が遺産を相続するかは法律で決まっています。法定相続人になるのは、『配偶者』『親』『子』『兄弟姉妹』です。

誰が相続人になるのかは、相続が起きたときの家族構成などによって異なります。法定相続人の範囲と相続順位、法定相続分について解説します。

誰が相続になるのか?法定相続人の範囲と相続順位

相続人とは、亡くなった人の財産を受け継ぐ人のこといいます。また、法定相続人とは、法律で規定された、遺産の相続をする権利を持つ人をいいます。

そして、法定相続人の範囲と相続順位のルールに従って遺産を相続する法定相続人が決まります。

配偶者はどの順位でも相続人となります。

●相続人の順位

相続順位とは法定相続人になることできる順番です。相続順位が高い人が法定相続人になります。

配偶者 常に相続人となる
第1順位 子・孫などの直系卑属
第2順位 親・祖父母などの直系尊属
第3順位 兄弟姉妹・甥姪

第1順位は、子・孫

亡くなった方に子がいる場合は、子が法定相続人となります。すでに子が亡くなっている場合は、子の子(孫)が代わりに法定相続人となります。このように、第1順位の相続は下へ何代も続きます。このように代わりに相続人となることを代襲相続といいます。

ちなみに代襲相続は直系卑属の場合、下へ何代も続き、直系尊属の場合、上へ何代も続いていきます。

配偶者がいる場合は、配偶者と子が法定相続人となり、配偶者がいない場合は、子供のみが法定相続人となります。

第2順位は、親・祖父母

亡くなった方に第1順位の子や孫などの直系卑属がいない場合は、親が法定相続人となります。親が亡くなっている場合は、親の親(祖父母)が代わりに法定相続人となります。

配偶者がいる場合は、配偶者と親が法定相続人となり、配偶者がいない場合は、親のみが法定相続人となります。

第3順位は、兄弟姉妹・甥姪

亡くなった方に子や孫などの直系卑属と親や祖父母などの直系尊属がいない場合は、兄弟姉妹が法定相続人となります。兄弟姉妹が亡くなっている場合は、兄弟姉妹の子供(甥・姪)が代わりに法定相続人となります。

配偶者がいる場合、配偶者と兄弟姉妹が法定相続人となり、配偶者がいない場合は兄弟姉妹のみが法定相続人となります。

※甥・姪が亡くなっている場合は、甥・姪の子供は法定相続人にはなりません。第3順位のみ代襲相続が1代限りとなっています。

こんな人はどうなる?

●相続放棄をした人

法定相続人が相続放棄をした場合、相続放棄をした人は法定相続人の範囲に含まれません。したがって、代襲相続されることもありません。

例えば、親が亡くなって、子2人が法定相続人の場合、そのうち1人が相続放棄をすると残りの1人で遺産を相続することなります。相続放棄をした子に子供がいたとしても、相続権は移りません。

また、配偶者・子・親がいる場合で、第1順位の子が相続放棄をすると第2順位の親が法定相続人になります。したがって、配偶者と親が法定相続人となります。

●内縁の妻の子

内縁とは、婚姻関係にないが社会生活上、夫婦同然の実態がある男女関係を言います。内縁の妻は法定相続人になることができません。しかし、内縁の妻との間に生まれた子は、認知されていれば法定相続人になることができます。

●再婚相手の連れ子

再婚相手の連れ子は、法律上の親子関係がないため、法定相続人にはなりません。

●離婚した元妻・元夫

離婚が成立していれば、すでに婚姻関係がないため、元夫や元妻は法定相続人の範囲に含まれません。

●相続人排除の対象者(相続欠格)

相続欠格とは、亡くなった方や他の相続人に対して殺害や危害を加えた場合や、遺言書を自身の有利な内容にするためにの行為があった場合などに、相続人としての資格に欠けることを言います。

また、相続人排除とは、相続人から暴言、暴力、虐待、非行行為などを受けた被相続人が、一定の手続きをしてその相続権を排除することを言います。

以上の対象者は、法定相続人なることはできません。しかし、相続放棄とは異なり代襲相続はされることとなります。

●胎児

夫が亡くなったときに妻のお腹の中に胎児がいる場合で、その後、生まれると胎児も法定相続人となります。

●行方不明者

相続人が行方不明の場合は、まずは行方不明の相続人を探さなければなりません。探してもみつからない場合は、不在者財産管理人を立てるか、失踪宣告を申し立てて法律上死亡したとみなす手続きを行います。

●法定相続人がいない場合

親族がいない場合で、相続人や相続債権者が一定期間中に出てこなければ相続財産は国庫に帰属することとなります。

相続分はどのくらい?法定相続分を解説

民法で定められている相続できる割合を法定相続分といいます。また、法定相続分はは相続人の順位や組み合わせによって割合が異なってきます。

相続人が配偶者だけであれば、遺産全部を配偶者が相続します。子がいる場合は、配偶者と子で2分の1づつとなります。また、子が複数にいる場合は、2分の1を子の数で均等に割ることとなります。

配偶者がいる場合、その他のケースも以下図の通り、配偶者の法定相続分が確定し、残りの割合を該当者が均等に割ることで法定相続分割合が決まります。

つまり、子や孫は遺産の2分の1、親や配偶者などの直系尊属は、遺産の3分の1、兄弟姉妹は遺産の4分の1を該当者で割ることで法定相続分の割合が決まります。

法定相続人 配偶者の法定相続分
配偶者のみ 遺産全部
配偶者と子や孫(直系卑属) 遺産の2分の1
配偶者と親や祖父母(直系尊属) 遺産の3分の2
配偶者と兄弟姉妹 遺産の4分の3

具体的に、上記表に従って法定相続分の割合を遺産額で計算してみます。

以下図の通り、1億円の財産を有する夫が死亡したとします。この場合配偶者は、遺産の2分の1となりますので、遺産額は5000万円となります。

子は2分の1を均等に割ることとなりますので、それぞれ4分の1となり、遺産額は2500万円づつとなります。

法定相続分は、遺産の分け方の指針にはなるものの、相続人全員の同意さえあれば、法定相続分通りに遺産を分割しなければならないというわけではありません。

つまり、法定相続人全員が納得さえしていれば、法定相続分以外の割合で遺産を分割することは可能です。